あの話題のアンプを楽器店にて、試し弾きさせて頂きました。
(左画像参照)

~色々遊べるアンプ~

先日もこのアンプについて記述しましたが、今回は音質についてお話したいと思います。

ネット上でも何かと話題を呼んでいるこのアンプ”YAMAHA ギターアンプ THR10”。ちょうど楽器店で見ることができたので、店員さんにお願いして、このアンプを使用して試し弾きさせて頂きました(アコギ・エレキ:ストラトキャスター)。

~アコギに最適!~

この他のアンプ(小型系)も色々を弾かせてもらったのですが、音が薄かったり、硬かったりと、今一つな感じが否めませんでした(出力の弱さゆえ、よくあるケース)。

その中で、音質という点で今回のこのYAMAHAアンプは群を抜いていました(アコギに関して)。MASTERとGUITARというつまみを両方上げていかないと(アコギのクリーントーンの場合)、音が弱いのですが、それでも部屋で試す分には十分な音量。

小さなスペース(カフェや小規模なライブハウス)程度なら、これでもイケるくらいの感じです(スペースの大きさによってはマイキング:マイクで音を拾うこと、も適宜必要)。

エレアコをアンプに通すと、鉄っぽい(エレキっぽい)音がするのが一般的でしたが、これは柔らかく温かな感じのするサウンドを出すことが可能です。

~エレキではどうか?~

この他にも、同シリーズのヤマハ 10WギターアンプYAMAHA THR10CYAMAHA THR10Xなどもありますので比較として色々と試したところ・・・”C”や”X”の方が音質が硬めのため、冒頭にあるものよりは、こちらの2種類の方がエレキ向きです。

他に大きな差は感じられませんでしたが、エレキならCかX。アコギならYAMAHA ギターアンプ THR10で、という感じの選び方になってくると思います。

ワット数(出力)という面で考えると、他のアンプにも目が行きますが、音質という点、そしてCubaseを備えているということを考えると、「第2、第3のアンプには最適」と言えるでしょう。

最終的に、購入するか否かの最終的な決断材料は”用途”です。「部屋での練習用」というのであれば、他の小型アンプでも十分ですが、 DTM:音作りで使う・色んな音を楽しむということであればオススメですね。

また、価格面でいうと実店舗よりネット通販の方が安い傾向にあります。(私が見てきた楽器店:29,800円に対し、ネット通販楽天市場のイケベ楽器店さんの24,571円(送料別、アウトレット特価)でした(当ブログ管理人調べ)

スポンサードリンク