先日、都内のとあるギターショップに行ってきました。

結果的には、ギター作家の名を冠したモデルのギターを購入してきたのですが、その理由が皆さんにとっても有用であると思ったので、ブログに記述して紹介したいと思います。

当初は普及モデル・・・つまり「一般的に知られているメーカーのギター」を購入する予定でした。もちろんその”目的“のギターも試し弾きしてきました。価格的にもお得で「新古品という理由で定価の半値」という表示にも釣られて都内まで出かけてきたので(苦笑)

しかし、思ったほどの音ではありませんでした。ちょっとガッカリでしたね。

そのギターショップはビンテージギターも多く所蔵していて、国内外のギター職人の名前を冠したものも販売しており、担当してくださったスタッフさんが「それではこのギターはいかがでしょうか?」といくつかのギターを試させて下さったのです。

価格帯でいうと、予算よりはちょっとオーバーになってしまったので(笑)分割にしましたが、その音色たるや・・・想像以上・・・「ギター本来の音はコレである!」ということを知ることとなりました。

以前から知ってはいたけど、日頃使用しているギターの音に慣れてしまうと、“ギター本来の本当の音色”というものを忘れてしまうものです。

また、エンジニアや作曲家の仕事をしている方でさえ、その“錯覚”に陥ってしまうということもなきにしもあらずだと思います。

“慣れ”とは、固定概念に凝り固まってしまう“悪習”でもありますので。

話は脱線しましたが、今回購入したのは「クラシックギター」です。音に透明感があり、弾いた時の立ち上がりもよく、伸びも程よい、一音一音が粒立っていて、ぼやけることもない。ボディの鳴りもしっかりしていて、低音〜高音のバランスも良い。

「もっと」という欲求を目指すとなると、100万を超える価格になってしまうので(笑)ほどよいところで抑えましたが、アコギ、クラシックの類はこれらの特徴を覚えておくと参考になるかと思います。

ちなみに、フラメンコギター(ボサノバのバッキングを弾きたかったので)も試し弾きさせて頂いて、その特徴である「立ち上がりが早いが、減衰も早い」という音質も学ばせて頂きました。いずれフラメンコギターも買うことになると思います。

多くの方は初心者から始まって、ギター購入も「次は」「次は」となっていくと思います。 しかし、音質や価格帯を中々上げられないというのも経済的な現実だと思います。

そういった場合、「普及モデルの中での音質の良い“当たりギター”を探す」という手もありますが、その確率は低めです。根気よく探す気持ちがあれば良いのですが、出来うることならば、「普及品」よりも「手工品」の方がハズレは少ないです。

普段から楽器店へ行って、色んな音を知っておく・・・という情報収集も必要かもしれませんね。どんなに良いギターの音色でも、パソコンからでは「ギター音の旨味成分」はかき消されてしまうので。 

スポンサードリンク