今回は和音(コード)の仕組みについてお話していきます。

まず、コードにおいては基本となる音(Cコードを例にすと”ド”の音)が1度という風に数えます。

レが2度、ミが3度・・・ソが5度という風になり、1度・3度・5度という3和音(3つの音から構成される和音)=Cコードが形成されます。

また、Cm(シー・マイナー)というコードがありますが、この場合は3度が半音下がります。Cでいう”ミ”が”ミ♭”になるだけで哀愁ある(暗い)和音に聴こえるということになるわけです。

また、度数によっては”長・短”、”増・減”、”完全”といった言葉も(”○○□度”といったように)付随しますが、初心者の方が完璧に覚えようとするとちょっと大変になりますので、今回は基本的な部分のみの解説にさせて頂きました。 

その他、動画でもギターを用いての解説をご覧頂けます。



スポンサードリンク