アコースティックギターに多い悩み「フィンガーノイズ」

「キュッ!」という、コードチェンジやフレーズを弾いた運指の際に起こる音なのですが、一方では「あの音があってこそ、味があっていい」という意見や、「あの音が気になって、ギターはあまり好きではない」という意見もあります。

”弾きやすさ”という点においても、「滑らかに弾きたい」という方は、エリクサーなどのコーティング弦に代表されるようなギター弦を使用されているケースが多いようです。



しかし、「コーティング弦の感触がスムース過ぎるので、ノーマルな弦の方がいい」という意見も。

フィーリングがものをいう楽器ですので、ギターの弦選びは簡単ではないようです。

そんな中、最近では「フラットトップ」というタイプのギター弦が一部では人気です。

▽代表的なフラットトップタイプのダダリオ弦


ベース弦に多い、「表面がザラザラしていない、ちょっとツルツルな感じ」の弦で、これは特殊な研磨加工によって出来上がるものなのだそうです(アマゾンでの製品詳細を参照

実際、コーティング弦のそれと比べてみると、同じスムースさでも感触が若干異なります。また、コーティング弦でありがちな「弾いていくうちにコーティングが剥がれてしまう」ということもありません。

音質その他、細かいことを言ってしまえば、(どんな製品でも同様ですが)好みが分かれますが、一度試してみる価値はある一品とも言えます。

用途で言えば、録音・レコーディング作業で「ノイズレスで、キレイなアコースティックギターの音が欲しい」という方には大変よい製品だと思います。

ギターの弦は日進月歩。次々と新しく高品質なものが生まれてきております。是非この機会に、メーカーのホームページやツイッターアカウント、楽器店・通販店などをチェックする習慣もおすすめします。

スポンサードリンク