以前、動画で観た情報なのですが、有名作曲・編曲家(作詞もプロディースも手がける)亀田誠治さんが「譜面を書くときはこれをつかっている」と0.9mmのシャープペンシルを紹介しておりました。

それがコレ。

ステッドラー シャープペン シルバーシリーズ0.9mm

一般的にはシャープペンシルといえば0.5mmが一番普及していますが、文具店・専門店へ行くと様々な種類のものに出合えます。

私もそれまでは0.5mmを使用しておりましたが、0.9mmに変えてからというもの・・・譜面が書きやすい!!

特に譜面に限りなく多く記載する「符頭(ふとう)」、いわゆる「おたまじゃくしの丸部分」を記述する際にはちょっと筆圧が必要になりますよね。それが0.9mmだとスムースに行えます。

これ、もしかしたら受験生のマークシートの記述にも向いているかも知れない!と今更ながら感じた今日この頃です。 

スポンサードリンク