エレキギターにニッケルなどの材質が使われているのにも、理に適っているものなのです。


~良質な弦と良質なサウンド~

エレキギターの弦に使われているものの多くは、材質の特性が最大限に生かされていることで知られています。

その中の代表的な素材、”ニッケル”。

これはピックアップ(エレキギターの音を拾って電気信号に変える部分)の磁石との相性が大変良いのです。

一見、「アコギは生音だから良い弦を使うのはわかるけど、エレキはエフェクターやアンプでいくらでも音を変えることができるから関係ないや」と思いがちですが、それはちょっと飛躍しすぎたお話・・・。


~最善の音を引き出すために・・・~

エフェクターに音を届ける以前に、弦とピックアップ(内の磁石等)との状態が良くなければ、良い音の信号をエフェクターやアンプに届けることは難しいですよね。厳密に言うとですが・・・

もちろん、ギターの質も大事ですけど、皆が皆ビンテージギターを持っているわけではありません。が、良質な弦を使い、最善の弦の張り方を行う事で”そのギターの最大限の力を発揮させることは可能になる”という訳です。 

ギターの弦は錆びにくい素材&加工で出来ていますが、あまり放置しすぎるのも考えもの・・・適度に交換してあげて良い音を身につけましょう。 

スポンサードリンク