最近では、6弦ベースや7弦ベース、そして7弦のギターなども登場するようになってきましたね。

そこで今回は、チューニングについてです。

ベースに関してはプレイヤーによって異なることもありますが、ごく一般的なチューニングパターンをご紹介します。 


~特殊なベース、ギターのチューニング~

一応、念のために、ギター・ベース共に一般的なものもご覧になれるよう、掲載致しました。比較してみると一定の法則も中には含まれるものもあります。

■6弦ベース

1弦:C(ド)
2弦:G(ソ)
3弦:D(レ)
4弦:A(ラ)
5弦:E(ミ)
6弦:B(シ)

※1弦がドというのが不思議な感じもしますネ。 


■5弦ベース

1弦:G(ソ)
2弦:D(レ)
3弦:A(ラ)
4弦:E(ミ)
5弦:B(シ)

※高い方ではなく、低い音の方に音が足されています。 


■4弦ベース
(※一般的なベース)

1弦:G(ソ)
2弦:D(レ)
3弦:A(ラ)
4弦:E(ミ)


■7弦ギター

1弦:E(ミ)
2弦:B(シ)
3弦:G(ソ)
4弦:D(レ)
5弦:A(ラ)
6弦:E(ミ)
7弦:B(シ)

※周期的な法則で、シの音が足されていますね(低い音) 


■6弦ギター
(※一般的なギター)

1弦:E(ミ)
2弦:B(シ)
3弦:G(ソ)
4弦:D(レ)
5弦:A(ラ)
6弦:E(ミ) 

ご参考までに・・・
(※リンク先には、関連ツールなどの掲載もあります。また、ベースに関してはスケールの違いによって、使用する弦が異なりますので、ご注意ください)

6弦ベース弦(アマゾン)

5弦ベース弦(アマゾン)

7弦ギター弦(アマゾン)

スポンサードリンク