リフレット(フレット交換)をしてからというもの、ギターの音が変わってしまい、色々弦を変えて悩んだ挙句「原点に戻してみよう!」ということで、下記の弦に交換。



これ、タカミネギターの出荷時に張られている弦です(画像クリックでアマゾンで詳細をご覧になれます)

一応コーティング弦ではありますが、エリクサーほどコーティングっぽさ(ツルツル感)ないので、違和感なく使えます。

「コーティング弦は価格的に高めだから・・・」

という方には、こちらを試してみては!?



こちらは普通弦(コーティングされていない)バージョンの類似種です。共にライトゲージなので、弦の太さ・硬さ、等もご自身に合うかどうか確認してみてくださいね。

このように、「自身が購入しようとしているギター、所有しているギターが出荷時にどんな弦が張られているか?」を把握しておくことって重要です。

購入時だったら、楽器店の店員さん。購入後だったらメーカー(もしくは楽器店のHPから)に問い合わせてみると懇切丁寧に教えてくれます。

スポンサードリンク