YouTubeでの低評価には大きく分けて2種類ある。
「悪意ある低評価(いたずら)」
「客観的な低評価(好みの判断)」

他者(他社)のコンテンツを複製アップロードして(これは禁止されている行為です)低評価になるのは論外ですが、一生懸命作り上げた作品だからといって、必ずしも高評価を得られるものでもないんですよね。

2つ目の「客観的な低評価」に関しては前向きに受け止めるべきだと思いますし、これは糧になるものだと思います。その見分け方はないのですが、割合として低評価が少ない場合はそういう風に受け止めるほうが気が楽です。

低評価が多い場合は、いたずらなケースが多いか、テーマが間違っていたか・・・ということもあるので、これも再検討をするという意味でも善処できます。

ただ、批判コメントの場合は、自身にとっても他者にとっても「時間の浪費」でしかないので、返すことなく淡々とYouTubeチャンネルを運営したほうが良いと思います。

ネットは無為な議論がかなりを占めています。人と人、意見が違って当然なのです。それをすり合わせる、すり合わせたがるのは日本人の特異体質な部分でもあるので、それは理解しておきたいところです。

また、高評価が多いからといって図に乗るのも良くないですね。「コレでよし!」と思うようになったら、その人の成長は止まってしまうので。

この点に関しては、低評価で凹むことよりも、何十倍も気をつけていきたいところです。

いずれにしても(私が言うまでもなく)、クリエイターの質が文化の質に大きく関係してくるネット社会です。大きな視点に立って、良いコンテンツを作り上げていくことを期待しています。


スポンサードリンク